网站首页 (Homepage)                                        欢   迎   访   问  谢  国  芳 (Roy  Xie) 的  个  人  主  页                                        返回 (Return)
Welcome to Roy Xie's Homepage




                       ——  外语解密学习法 逆读法(Reverse Reading Method)   解读法(Decode-Reading Method)训练范文 ——                 

解密目标语言:日语                                解密辅助语言:汉语
              Language to be decoded:  Japanese             Auxiliary Language :  Chinese  

  
                解密文本:     《超车》   (日)
星新一 原著      谢国芳(Roy Xie)译   
 

 

追い越し
                ——
星新一 


          只看日语(Japanese Only)                                        日汉对照(Japanese & Chinese)                                     只看汉语(Chinese Only)


  


明かるい日の光を受け、ハイワェイはずっと伸びていた。その男の運転する最新型の自動車は、郊外にむかって滑るように進んでいた。新しい車は、なにもかも調子がよかった。彼はこれから、新しくつきあいはじめた女の家を訪ねにゆくところだった。

 

「自動車は新しい型のに限る。いや、自動車ばかりではない。女の子も同じことだ。古い型のはなんでも、つぎつぎと払い下げ、新しい型の手に入れる。これがわれの主義なんだ。」

 

彼はこうつぶやきながらスピードをあげた。いくらかあけた窓からは風が流れこみ、彼のいかにもドンファンらしく見える顔にあたった。

 

軽く快くつづく振動は、彼に少し前に売り払った古い型の車のことを思い出させた。そして、それとともに、このあいだ別れた女のことに連想が移った。

 

「あなたは、あたしがきらいになったのでしょうね、そうなんでしょう」

 

彼が別れ話をきりだした時、そのモデルを仕事としているという女は、かおをひきつらせ、すがるような声で言ったのだった。

 

「いや、そういうわけでは……

 

彼はあいまいに答えたが、女はますます真剣になった。

 

「ねえ、別れるのはいやよ。あたしを捨てないで」

 

「しかし、これ以上つきあうのは、おたがいのためにも、意味ないと思うんだが」

 

「あなたと会えなくなるのなら、あたし、死んでしまうつもりよ」

 

よくあるせりふだ。女はいつも別れ話の時には、こんな言葉を使う。だが、この手が通用するのなら、世の中で女と手が切れる者など、ないはずだ。彼はこう簡単に片づけ、へづの女に熱中しはじめたのだった。

 

しかし、まさか本当に死んでしまうとはな……

 

しばらくして、彼女が自殺したのだ。彼はこのことを思い出すたびに、いやな気持ちになった。もちろん、別れた女に死なれては、だれでもいい気持ちではない。しかし、彼の場合には、それをさらに重苦しくさせることが加わっていた。それは、別れぎわに彼女が言い出した言葉だった。

 

「あたしは死んでからも、あなたにどこかで会うつもりよ。きっと会うわ。その時には、せめて手でも握ってね」

 

いったい、どういうつもりで、あんなことを言ったのだろう。彼はこの言葉が忘れられず、思い出すたびに不気味な感じにおそわれた。

 

「どうせ、いやがらせさ。その場の思いつきで、なんの気なしに口から出たんだ。気にすることはない。」

 

彼はつぶやきながら、この気持ちをふりきるように、さらにスピードをあげた。そして、前を走っている一台の車に迫った。

 

しかし、彼は追い越すのを不意にやめた。前の車の後部座席に乗っている女のうしろ姿が、あの女に似ているように思えたのだ。彼はしばらく見つめていたが、やがて強く首を振った。

 

気のせいだ。気のせいだとも。きょうのおれは、どうかしている。彼女は、たしかに死んだのだ。いま、こんなことを考えていたから、ふと見た女が似ているように思えただけだ。こんな気分は、追い払わなければ。追い払うのは簡単さ。追い越しながら、顔をたしかめればいいのだ。

 

彼はふたたびスピードをあげ、追い越しながら、その女の顔に目を走らせた。

 

「あっ」

 

彼は悲鳴をあげた。それは疑いもなく、あの女ではないか。しかも、彼にむけて、手をさしのべている。

 

「握ってよ」

 

と呼びかけるように。彼は、思わず両手で顔をおおった。

**********

 

「即死ですね。しかし、いったい、なんでこんな事故になったのでしょう。目撃なさっていて、なにか気がついたことはありませんか」

 

警官は手帳に書き込みながら、追い越されたほうの車を運転していた男に聞いた。

 

「まったく、わかりません。わたしの車を追い越して、しばらくいってから、電柱めがけてつき当たったんです。急に目まいでもしたとしか、考えられませんね」

 

「そうですか」

 

警官は手帳を閉じながら、なにげなく、その男の車のなかをのぞいて言った。

 

「ところで、うしろの席の女のかたは、なにかようすがおかしいようですが……

 

「いや、あれはマネキン人形ですよ。わたしは、マネキン人形のメーカーをやっているのです。これから注文先に届ける途中なんです」

 

「なかなか、うまく出来ているものですな」

 

「ええ、これを作る時の、モデルがよかったのです。いいモデルでしたよ。しかし、気の毒なことに、男に振られて、しばらく前に自殺してしまいましてね」

 

 

 

 

在明亮的阳光下,平坦的高速公路一直延伸到远方。一个男子驾驶的最新款的汽车,滑也似地向郊外飞驰而去。新车的一切都很顺畅。这会儿,他正要去拜访新开始交往的女友家。

“汽车最好是新型的。不,不光是汽车,女孩子也一样。凡是型号老旧的,就一一转让出去,弄个新型的到手。这就是我的主义。”

他一边这样嘟哝着,一边加快了速度,风从微开的车窗吹进来,拂在他那看上去确乎像风流男子的脸上。

轻微而舒适的持续振动,使他想起了不久前折卖掉的那辆旧式车,接着他的联想又随之转移到了前些日子分手的女友身上。

“你对我生厌了,对不对?”

当他提出分手的话时,那个以模特儿为职业的女孩,便绷着脸,用仿佛缠住不放的声音,这样说道。

“不是,我不是那样的意思……”

他含糊地回答,可那女孩却愈发变得认真了。

“不要,我不愿意分手。请你不要甩掉我。”

“可是继续交往下去,我觉得对你我双方都没有意思啊。”

“如果不能见到你,那我就去死。”

这是经常可以听到的台词。女人在说到分手的时候,总是会使用这样的话。可是这一招如果有效的话,世界上理应就没有人能和女人断绝关系了。他就这样简简单单地了结了旧情,开始迷恋上了别的女人。

可是,万一她真的死了呢……

没多久,她自杀了。每当他想起这件事,心情就糟糕透顶。当然,分了手的女友死了,任谁也不会有好心情。不过,在他的情形,却又额外增添了令他心情沉重的东西。那就是在他们临别时,她说出的一句话。

“就算我死了,也要在什么地方碰见你。一定会见面的。到那时候,哪怕握一下手也好啊。”

她说那样的话到底是什么意图呢。他一直忘不掉这句话,每当想起来时,就陷入一种恐怖的感觉。

“反正是句气人的话,当时突然想到什么,就随意脱口而出,何必把它放在心上。”

他一面这样喃喃自语,一面好象要摆脱这种心情似的,又加快了速度。接着就逼近了在他前头行驶的一辆车。

可是他忽然停止了超车。坐在前头车子后座的女人的背影,他觉得似乎很像那女孩。他凝视了好一会,但不久又使劲地摇了摇头。

是心理作用的缘故。当然是心理作用。今天的我是怎么了,她的的确确已经死了。只是因为我刚才正想着这回事,所以偶然看到一个女人,就觉得似乎像她罢了。这样的情绪必须驱逐,方法是简单的。只要在一边超车的时候,一边确认一下她的面容就行了。

他再一次加速,一边超车,一边扫视那女人的脸。

“啊!”

他发出了一声尖叫。毫无疑问,那不正是那女孩吗?而且还朝他伸着手。

似乎还在呼喊着:“握一下嘛。”

他不由得用双手蒙住了自己的脸。

 

       **********

“是当场死亡。可是,到底怎么会酿成这种事故呢。作为目击者,您有没有注意到什么呢?”

警察一面在记事本上写着,一面询问那位驾驶被超方车辆的男子。

“我实在搞不清。他超越我的车子。不一会儿,就朝着电线杆撞过去。只能认为他突然眼花了吧。”

“是啊。”

警察说着合上记事本,又漫不经心地瞟了一眼这男人的车子内部。

“哦,后座上的那位女士,样子看上去有点异常……”

“不是,那是时装模特儿的模型。我是制造人像模特儿的,现在正要把它送到订货的客户那里去。”

“做得相当好啊。”

“哎,那是因为做它的时候,模特儿好啊。她真是一位好模特儿。不过,说起来可怜,因为被男友抛弃,不久前自杀身亡了。”

 

  




网站首页 (Homepage)                                   前页(Previous Page)                                             下页(Next Page)                                     返回 (Return)

 

       分类:             国芳多语对照文库 >> 日语-汉语 >> 星新一 >> 短篇小说      
    Categories:  Xie's Multilingual Corpus >> Japanese-Chinese >> Hoshi Shin'ichi >> Short Story                                                  
    

 

 



                              Copyright © 2001-2012 by Guofang Xie.    All Rights Reserved. 

                   谢国芳(Roy Xie)版权所有  © 2001-2012.   一切权利保留。
浙ICP备11050697号